雑誌「季刊のぼろ」編集長 登山中に死亡 福岡・糸島

雑誌「季刊のぼろ」編集長 登山中に死亡 福岡・糸島

登山雑誌編集長が登山で死亡

雑誌「季刊のぼろ」編集長 登山中に死亡 福岡・糸島

福岡県警本部

 福岡県糸島市の井原山(標高983メートル)で14日、西日本新聞社社員で登山雑誌「季刊のぼろ」の編集長、野中彰久さん(57)=同県春日市=が倒れているのが見つかり、死亡が確認された。野中さんは、井原山に登山する計画書を残して13日から連絡が取れなくなっており、県警などが14日朝から捜索していた。

 糸島署によると、野中さんは13日午前8時20分ごろ自宅を出発。井原山への登山計画書をスマートフォンのアプリで作成し、同日午後5時前に下山するとしていたという。しかし、野中さんが帰宅せず、電話やメールがつながらないとして同日夜に妻が110番していた。【加藤小夜】

関連記事(外部サイト)