ホッキョクオオカミ ガラス越しに野生の雄姿、国内唯一の公開 栃木

ホッキョクオオカミ ガラス越しに野生の雄姿、国内唯一の公開 栃木

全国で唯一の公開となる2頭のホッキョクオオカミ=那須どうぶつ王国提供

 栃木県那須町の那須どうぶつ王国で、世界的にも希少なホッキョクオオカミ2頭が一般公開されている。国内唯一の展示で、来園者に野生の雄姿を見せている。

 ホッキョクオオカミはグリーンランドやカナダ北部に生息し、北極圏の雪景色に溶け込むような白い体毛と引き締まった体などが特徴。2頭は2019年5月に生まれた雄雌のきょうだいで、いずれも体長約1・2メートル、体重約40キロになる。新型コロナウイルスの影響などで、当初の予定より公開が約半年遅れた。

 オオカミは同王国が整備したスペース「オオカミの丘」で展示。約500平方メートルの敷地に針葉樹や岩場、滝などを設け、生息地に近い環境でオオカミのさまざまな姿がガラス越しに見られる。今後は繁殖にも取り組むという。

 公開時間は午前10時〜午後3時45分(土日祝日は午前9時〜午後3時45分)。【湯浅聖一】

関連記事(外部サイト)