大麻所持の元巡査に有罪判決 「密売人から購入繰り返し親和性高い」 大阪地裁

大麻所持の元巡査に有罪判決 「密売人から購入繰り返し親和性高い」 大阪地裁

大阪地裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影

 自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反などの罪に問われた元大阪府警堺署地域課巡査、蔵川涼太被告(22)に対し、大阪地裁は16日、懲役1年2月、執行猶予3年、追徴金6万円(求刑・懲役1年6月、追徴金6万円など)の判決を言い渡した。船戸宏之裁判官は「密売人から購入を繰り返し、大麻への親和性が高い。法を順守する警察官として責任は重い」と述べた。

 判決によると、被告は5月22日、大阪府岸和田市内の自宅で大麻0・16グラムを所持。4〜5月の計6回、大阪市内などで西堺署の男性巡査2人に計約12グラムを計6万円で譲り渡した。被告は起訴内容を認めていた。

 府警は6月、大麻を使用したなどとして、蔵川被告と西堺署の巡査2人、南署の男性巡査を懲戒免職処分とした。【藤河匠】

関連記事(外部サイト)