福井・中2自殺 県と町が叱責との因果関係否定、請求棄却求める 地裁初弁論

福井・中2自殺 県と町が叱責との因果関係否定、請求棄却求める 地裁初弁論

裁判所=ゲッティ

 福井県池田町立池田中2年の男子生徒(当時14歳)が2017年に自殺したのは、厳しい指導や叱責をした当時の担任らに責任があるなどとして、生徒の母親が県と町に計約5400万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が16日、福井地裁(武宮英子裁判長)であった。県、町側は「叱責と自殺との因果関係は認められない」などとして請求棄却を求めた。

 訴状によると、生徒は、生徒会の副会長に選任された2年生の後期以降、生徒会の指導担当だった担任と副担任から厳しい叱責を何度も受けるようになり、17年3月14日に校舎から飛び降りて自殺した。

 県、町側は「担任、副担任の指導に教育上、不適切な部分があったとしても、明らかに違法な態様ではなかった」と主張。一方、母親は意見陳述で「当時の教師や関係者は事実と向き合ってほしい」と訴えた。【大原翔】

関連記事(外部サイト)