山口県、安倍前首相の在任記録祝う看板・横断幕外す 税金22万円に「いろいろな意見」

山口県、安倍前首相の在任記録祝う看板・横断幕外す 税金22万円に「いろいろな意見」

菅内閣発足を受けて取り外された安倍前首相在任最長を祝う看板=山口市の山口県庁県政資料館で2020年9月16日午後6時1分、林大樹撮影

 山口県は16日夜、憲政史上最長の連続在任記録となった安倍晋三前首相の業績をたたえるため県庁などに掲示していた横断幕や看板を外した。

 8月24日から県庁のエントランスや下関総合庁舎などに22万円をかけて掲示。税金を使って実施することへの批判も県に多数寄せられていた。横断幕について、村岡嗣政(つぐまさ)知事は「新しい内閣が誕生したので節目ということで降ろした。最長記録達成に祝意を表したが、いろいろな意見があったことは受け止めたい」などと話した。【林大樹、降旗英峰】

関連記事(外部サイト)