伊勢谷容疑者「リラックスするため大麻吸っていた」 入手方法は供述せず

伊勢谷容疑者「リラックスするため大麻吸っていた」 入手方法は供述せず

警視庁=米田堅持撮影

 大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された俳優の伊勢谷友介容疑者(44)が「(大麻は)リラックスするために吸っていた」と供述していることが17日、捜査関係者への取材で判明した。警視庁組織犯罪対策5課は常習的に吸引していたとみて、尿検査などで使用実態についても調べている。

 伊勢谷容疑者は8日、東京都目黒区の自宅で乾燥大麻7・8グラムを所持したとして警視庁に現行犯逮捕された。居間の机の引き出しから4袋計20・3グラム(末端価格約12万円)の乾燥大麻が見つかり、机の上には大麻を巻いて吸う巻紙が3箱(約500枚)あった。

 捜査関係者によると、伊勢谷容疑者は「他人に譲り渡したり、売ったりするために持っていたものではない」といい、取り調べには淡々と応じている。入手方法については供述していないという。【柿崎誠】

相談窓口

全国精神保健福祉センター一覧

http://www.zmhwc.jp/centerlist.html

薬物依存症リハビリ施設「日本ダルク」

http://darc-ic.com/darc-list/

NPO法人全国薬物依存症者家族会連合会

http://www.yakkaren.com/

関連記事(外部サイト)