妻の遺体遺棄容疑で夫逮捕 「夫婦間でトラブル」殺害ほのめかす 岩手・奥州

妻の遺体遺棄容疑で夫逮捕 「夫婦間でトラブル」殺害ほのめかす 岩手・奥州

岩手県警本部=滝沢修撮影

 岩手県奥州市の山林で4月、同県一関市の医療事務員、千葉恵さん(不明当時36歳)の遺体が見つかった事件で、県警は15日、会社員で夫の祐介容疑者(37)を死体遺棄容疑で逮捕したと発表した。遺体について「山に捨てた」と容疑を認め、殺害もほのめかしているといい、県警は殺人容疑も視野に調べている。

 逮捕容疑は、2019年5月31日ごろから7月上旬、奥州市内の山林に恵さんの遺体を遺棄したとしている。県警によると、今月12日から任意の事情聴取を始め、14日に遺棄したと認めたことなどから、同日夜逮捕した。

 恵さんについては、祐介容疑者が19年6月、「口論後に妻の行方が分からなくなった」と、県警に行方不明者届を出していた。調べに対し「夫婦間でトラブルがあった」と話しているという。【山田豊】

関連記事(外部サイト)