iPS細胞から作った網膜神経細胞、難病患者に世界初移植 神戸アイセンター病院

iPS細胞から作った網膜神経細胞、難病患者に世界初移植 神戸アイセンター病院

iPS細胞を使った網膜色素変性の治療

 神戸市立神戸アイセンター病院は16日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った網膜の神経細胞を目の難病「網膜色素変性」の患者1人の目に移植した、と発表した。iPS細胞由来の「目の神経細胞」を移植するのは世界初。手術は10月上旬に行い、経過は順調だという。2020年度中にさらに1人に移植する予定で、術後1年間、視力の回復度などの有効性や安全性を確認する。

 同病院によると、患者は関西在住の60代女性で、明暗がかろうじて分かる程度まで視力が落ちていた。京都大iPS細胞研究所に備蓄されている第三者のiPS細胞から、視細胞のもととなる「網膜前駆細胞」を作製。これをシート状(直径約1ミリ、厚さ約0・2ミリ)に加工して、患者の右目の網膜下に3枚移植した。手術は約2時間で無事に終了。合併症はなく、容体は安定しており、近く退院の予定。免疫抑制剤を約半年間使用しながら、約1年間、がん化や拒絶反応の有無、光の感じ方や視野の変化を観察する。

 網膜色素変性は遺伝性の病気で、網膜の一部である視細胞が徐々に失われる。視細胞は光を受けて脳に信号を伝える働きがあるため、暗い場所で見えにくくなり、視野が少しずつ狭くなって視力も低下し、失明することもある。国内に約3万〜4万人の患者がいるとされ、遺伝子技術による「人工網膜」の開発も進むが、現時点で根治する治療法はない。

 iPS細胞を使った目の病気の臨床研究は、理化学研究所が14年9月に網膜が傷つく「滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑変性」の患者に、大阪大が19年7月に角膜部分が濁る「角膜上皮幹細胞疲弊症」の患者にそれぞれ実施した。今回移植された網膜神経細胞は中枢神経の一部で、一度傷つくと自然には元に戻らないとされ、再生医療への期待は大きかった。

 同病院の栗本康夫院長は「中枢神経の回復は患者や医療従事者にとって長年の夢だった。小さな一歩だが、第一歩を無事踏み出すことができ、感慨深い」と話した。【松本光樹】

関連記事(外部サイト)