保釈後出廷せず2年失踪…名古屋地検が身柄確保、収容

保釈後出廷せず2年失踪…名古屋地検が身柄確保、収容

出廷せず2年失踪の女性確保

保釈後出廷せず2年失踪…名古屋地検が身柄確保、収容

名古屋地裁=名古屋市中区で、川瀬慎一朗撮影

 名古屋地検は16日、公判中に失踪した無職の40代女性被告(愛知県小牧市)の身柄を確保し、刑事施設に収容したと明らかにした。覚醒剤取締法違反(使用)などに問われているが、審理が約2年間止まり、名古屋地裁は保釈を取り消している。

 2019年2月の第3回公判に出廷せず、弁護人も所在を確認できていなかった。起訴状によると、被告は17年11月、現金約12万円を盗まれたものと知りながら無償で譲り受け、18年5月には名古屋市内で覚醒剤を使用したなどとされる。【井口慎太郎】

関連記事(外部サイト)