囲碁の仲邑菫初段、十段戦予選で連勝 山田至宝七段降す

囲碁の仲邑菫初段、十段戦予選で連勝 山田至宝七段降す

十段戦予選で連勝した仲邑菫初段=大阪市北区の日本棋院関西総本部で2019年10月17日、新土居仁昌撮影

 囲碁の最年少小学生棋士、仲邑菫初段(10)は17日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で打った第59期十段戦予選で山田至宝七段(51)に341手で黒番26目半勝ちし、予選2連勝となった。次戦は種村小百合二段(38)と対戦する。仲邑初段の公式戦通算成績は6勝4敗。

 コウ争いが延々続く乱戦を勝ちきった仲邑初段は「前半は少し悪いかなと思っていた。次も頑張ります」と話した。山田七段は「入段当時よりどんどん強くなっている」と語った。【新土居仁昌】

関連記事(外部サイト)