京アニ事件の青葉容疑者が転院 京都市内の病院へ 回復に向け一定のめど立つ

京アニ事件の青葉容疑者が転院 京都市内の病院へ 回復に向け一定のめど立つ

転院のため、青葉真司容疑者をドクターカーに乗せる病院職員ら=大阪府内で2019年11月14日午前8時56分、山崎一輝撮影

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで7月に起きた放火殺人事件で、全身やけどで入院中の青葉真司容疑者(41)=殺人や現住建造物等放火などの容疑で逮捕状=が14日午前、大阪府内の病院から京都市内の病院に移った。京都府警によると、やけど専門の医療体制が整った病院で高度な治療を受けてきたが、回復に向け一定のめどがたったという。

 青葉容疑者は14日午前9時ごろ、ドクターカーに乗せられて大阪府内の病院を出発。午前10時20分ごろ、京都市内の病院に到着した。

 青葉容疑者は事件で自らも全身に重いやけどをし、京都市内の病院に救急搬送された。命が危ぶまれたため、2日後の7月20日、皮膚移植などの高度な治療ができる大阪府内の病院にドクターヘリで移送された。

 府警によると、現在は立ち上がることはできないが、会話はでき、介助を受けた食事や車椅子の訓練もできるようになった。転院先でも治療を受けながら、リハビリを続ける。

 府警は今月8日、任意で事情聴取したが、食事や排せつなどを介助なくできるまでに回復し、勾留に耐えられると医師が診断しなければ逮捕できず、なお時間がかかる見通し。

 事件では、第1スタジオに当時いた社員ら70人のうち36人が死亡、33人が重軽傷を負った。【小田中大、目野創、添島香苗】

関連記事(外部サイト)