「ポケモンGO」イベントをコロナ禍の新しいモデル事業に 開催、京都市長が歓迎

「ポケモンGO」イベントをコロナ禍の新しいモデル事業に 開催、京都市長が歓迎

記者会見で発言する京都市の門川大作市長=市役所で2020年11月17日午後0時49分、小田中大撮影

 位置情報を利用したスマートフォンゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の地域限定リアルイベントが22日に国内で唯一、京都市で開催されることについて、門川大作市長は17日の記者会見で「新型コロナウイルスの感染拡大防止と社会経済活動を両立する、新しいモデル事業になるよう(運営会社に)要請している」と述べ、改めて歓迎する姿勢を示した。

 イベント名は「ポケモンGO シティースポットライト」で、京都を含む世界4都市で開催される。開催日は紅葉シーズンを迎えた3連休中で多くの観光客が予想される一方、全国的に新型コロナの感染者数が急増。大規模イベントの開催を不安視する声もある。

 門川氏は「主催者が感染拡大防止対策を徹底すると聞いている」とした上で「コロナ禍で運動やコミュニケーション不足の課題も出ている」などと強調。「(全国的に)感染は拡大しているので、市としても参加者に、より(予防を)徹底するようにしていきたい」と述べた。【小田中大】

関連記事(外部サイト)