大阪、21日からイート「5人以上」は除外へ 飲食自粛要請は8月に続き2回目

大阪、21日からイート「5人以上」は除外へ 飲食自粛要請は8月に続き2回目

大阪 イート"5人以上"除外へ

大阪、21日からイート「5人以上」は除外へ 飲食自粛要請は8月に続き2回目

大阪府の吉村洋文知事=石川将来撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大阪府吉村洋文知事は17日、政府が実施する飲食業界の支援事業「GoToイート」について、府内での5人以上の飲食を対象から除外する方針を明らかにした。3連休が始まる21日から適用する方向で農林水産省と協議し、20日にも開催する対策本部会議で正式決定する。除外期間は今後検討する。

 吉村知事は府庁で記者団に対し、「多人数での飲食は感染リスクが高い」と強調。イート事業を活用しない通常の飲食も5人以上は自粛するよう、府民に呼びかける考えを示した。府による「5人以上の飲食自粛」要請は、感染が拡大した8月に続き2回目になる。

 イート事業は、国が選定した飲食予約サイトで予約すると利用者にポイントが付与される。購入金額の25%を上乗せするプレミアム付き食事券も販売している。

 農水省によると、21日以降に5人以上で既に予約している客については、4人以下になるようテーブルを分けるなど、飲食店が求める感染症対策に協力すればイート事業の対象に含めることが可能だという。

 イート事業の人数制限を巡っては、吉村知事が15日に会談した西村康稔経済再生担当相に対し、大阪の運用として5人以上の飲食を対象から外すよう要望。菅義偉首相が16日、具体的な対応の検討について、都道府県知事に求める考えを表明していた。【石川将来】

関連記事(外部サイト)