子宮移植後のサル出産成功、子も順調に成長 慶大チームなど発表

子宮移植後のサル出産成功、子も順調に成長 慶大チームなど発表

子宮移植後のサルが出産成功

子宮移植後のサル出産成功、子も順調に成長 慶大チームなど発表

子宮を移植したカニクイザルから生まれた子ザル=滋賀医科大提供

 サルの子宮を別のサルに移植して、妊娠と出産に成功したと、慶応大などの研究チームが18日、医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・メディシン」で発表した。移植した子宮内での発育は良好で、生まれた子に異常はないという。チームは「子宮移植の課題解明につながる成果。国内でヒトを対象にした臨床研究を進める上で大きなステップ」と意義を強調した。

 子宮移植は、生まれつき子宮が無かったり、がんなどで失ったりした女性が、自ら出産できるようになる技術として注目される。海外では今年10月までに米国などで82例の移植が行われ、37人が生まれた。国内には対象になり得る20〜30代の患者が推計約6万人おり、慶応大のチームは臨床研究として国内初の移植を目指している。

 チームは2017年2月、カニクイザルから子宮を摘出し、あらかじめ子宮を取りだしておいた別のカニクイザルに移植した。子宮が機能し始めた後、体外受精させた受精卵を移植し、18年5月に最初の妊娠を確認した。2回流産したが、3回目の妊娠で今年5月、帝王切開で子ザル1匹が生まれた。子宮移植後の出産成功は、ヒト以外の霊長類で初めてだという。

 移植後に母体に免疫抑制剤を投与したが、今回の実験で子ザルに奇形や病気は確認されず、元気に育っているという。チームによると、カニクイザルでの実験を通じ、ヒトの子宮移植に向けて、拒絶反応の影響を調べたりできるようになるという。

 慶応大は動物実験と並行し、ヒトを対象にした臨床研究の準備を進めており、18年に実施に向けた要望書を日本産科婦人科学会に提出した。幅広い議論が必要なため、国内の医学系学会が加盟する日本医学会が19年4月に検討委員会を設置し、実施の可否や条件を議論している。

 チームの木須伊織・慶応大特任助教(婦人科)は「子宮がない場合の不妊症は解決が難しい。今回の成功で、ヒトを対象にしても技術的な課題はクリアできる」と話した。【渡辺諒】

関連記事(外部サイト)