業務依頼を別事務所へ仕向け損害与えた疑い 容疑で行政書士法人元職員ら2人逮捕

業務依頼を別事務所へ仕向け損害与えた疑い 容疑で行政書士法人元職員ら2人逮捕

大阪府警本部

 行政書士事務所で受けた業務依頼を、別の事務所に委任させるように仕向けて損害を与えたとして、大阪府警は17日、「アヴァンス行政書士法人」(大阪市中央区、解散)の元職員、河合宏美(37)=大阪府吹田市=と、同法人に所属していた行政書士、吉岡実(54)=神戸市灘区=の両容疑者を背任の疑いで逮捕した。2人とも容疑を否認している。

 逮捕容疑は2019年3月、アヴァンスが依頼を受けた民泊事業の申請業務に関して、依頼人にアヴァンスが民泊事業から撤退するなどととうその内容を伝え、別の行政書士事務所に委任するように仕向けてアヴァンスに約23万円の損害を与えたとされる。委任先は吉岡容疑者が独立して新たに設立した事務所だった。

 府警生安特捜隊によると、吉岡容疑者は同年2月に退職。河合容疑者が吉岡容疑者の事務所と契約を結ぶように関係書類を作成して依頼人を誘導していたという。【森口沙織】

関連記事(外部サイト)