カラフルな秋色トンネル楽しんで 兵庫・石金山常照寺 11月末まで紅葉見ごろ

カラフルな秋色トンネル楽しんで 兵庫・石金山常照寺 11月末まで紅葉見ごろ

紅葉が美しく色づいた小新屋観音の境内=兵庫県丹波市山南町小新屋で2020年11月17日午後1時24分、幸長由子撮影

 兵庫県丹波市山南町小新屋の「小新屋(こにや)観音」として知られる石金山常照寺で紅葉が色づき、見ごろを迎えている。本堂へ続く道沿いは色とりどりの紅葉で覆われ、カラフルなトンネルのよう。11月末ごろまで楽しめるという。

 同寺は十一面千手観音を本尊とする小さな寺。地域住民らが紅葉の整備や清掃を行っている。例年、紅葉が美しい期間は、住民が参拝客にお茶などを振る舞ってもてなすが、今年は新型コロナウイルス感染症対策で、寺の行事がある毎月17日午前だけ参拝客にお茶を出している。地域に住む農業、村上正さん(84)は「きれいに色づき、多くの人にお参りいただけうれしい」と話し、同県三田市から来たという主婦、酒井和さん(80)は「初めて来たけれど、きれいですね」と見入っていた。【幸長由子】

関連記事(外部サイト)