「犬猫ボランティアの神様」を動物虐待容疑で逮捕 多頭飼育し放置 京都

「犬猫ボランティアの神様」を動物虐待容疑で逮捕 多頭飼育し放置 京都

犬猫52匹の死体放置 女逮捕

「犬猫ボランティアの神様」を動物虐待容疑で逮捕 多頭飼育し放置 京都

犬や猫を劣悪な環境で飼育していたとして動物愛護法違反で逮捕された増山珠美容疑者の自宅。ケージやごみが散乱している=神戸ナナプロジェクト提供

 計29匹を大量のふん尿が堆積(たいせき)した自宅で飼育し、病気になっても放置したなどとして、京都府警は19日、同府八幡市のパート、増山珠美(たまみ)容疑者(54)を動物愛護法違反の疑いで逮捕した。増山容疑者は犬や猫を引き取って育てる活動をしており、関係者から「ボランティアの神様」などと呼ばれていたという。自宅からは犬と猫52匹の死骸が見つかった。

 逮捕容疑は1月末から4月ごろまでの間、自宅で飼っていた猫1匹にえさや水を与えず餓死させたほか、6月には、ふん尿がたまり犬と猫の死骸が放置された劣悪な環境で犬25匹と猫4匹を飼育し、皮膚病にかかった犬3匹に適切な保護をせず虐待したとしている。「えさと水はやっていた」などと容疑を一部否認しているという。

 府警によると、増山容疑者は約25年前から、行き場を失った犬や猫を動物愛護団体などからボランティアで引き取り、1人暮らしをしている自宅で飼育していたとみられる。6月、預けた犬や猫の様子を確認するために訪れた動物愛護団体のメンバーから「ごみ屋敷になっていて、犬や猫数十匹の死骸が放置されている」と110番があった。

 増山容疑者の2階建ての自宅は天井までふん尿や死骸、生活ごみなどが山積みになっていて、府警がごみ収集車8台分のふん尿(約16トン)を回収したという。府警は死んでいた犬や猫の死因や詳しい経緯を調べる。【添島香苗】

関連記事(外部サイト)