感染防止に効果か コロナに結合するたんぱく質開発 京都府立医大など創薬進める

感染防止に効果か コロナに結合するたんぱく質開発 京都府立医大など創薬進める

感染防止に効果か コロナに結合するたんぱく質開発 京都府立医大など創薬進めるの画像

 新型コロナウイルスに強力に結合するたんぱく質を開発したと、京都府立医大などの研究グループが18日、発表した。このたんぱく質を薬として患者に投与することで、ウイルスを取り囲んで粘膜にたどり着けないようにし、感染を防止する効果が期待できる。今後、ヘルスケア事業会社「生命科学インスティテュート」(東京)と共同で創薬を進め、2021年度中の治験開始を目指す。

 新型コロナウイルスは、表面にある「とげ状」のたんぱく質が、目の結膜や鼻腔(びくう)、気道の粘膜の表面にある受容体たんぱく質「アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)」と結合し、感染させる。

 グループは、ACE2がウイルスと結合する現象に着目。試験管内でACE2を変異させ、選別する作業を繰り返し、元の100倍以上の結合力に高めることに成功した。結合力を強めたACE2を用いた薬と元々のACE2の薬を比較すると、ウイルス感染を抑える効果は約200倍だったという。

 今回の研究論文は、新型コロナ研究に迅速に役立てるため、査読前の段階でウェブ上で公開された。京都府立医大の星野温助教(循環器内科)は、遅くとも年内には雑誌に投稿する考えを示し、「患者に役立つ形にまで仕上げ、早期に実用化したい」と話した。【福富智】

関連記事(外部サイト)