香川・与島沖で旅客船が浸水、沈没 修学旅行で乗船の小学生ら62人全員救助

香川・与島沖で旅客船が浸水、沈没 修学旅行で乗船の小学生ら62人全員救助

浸水し傾いた船(手前)に取り残される児童たち=香川県坂出市沖で2020年午後5時3分撮影、高松海上保安部提供

 19日午後4時40分ごろ、香川県坂出市沖を航行していた船から、「漂流物に当たって船が浸水している」と通報があった。船は間もなく沈没したが、乗っていた小学生52人を含む62人は全員救助された。高松海上保安部が詳しい原因を調べている。

 船は高松海上タクシー(高松市)が運航する19トンの旅客船で、修学旅行で瀬戸内海クルーズをしていた坂出市立川津小学校の6年生や関係者が乗っていた。全員、救命胴衣を着けており、児童2人とバスガイドの計3人が低体温症などのため病院に運ばれたが、命に別条はないという。

 現場は与島(坂出市)の北の沖合で、瀬戸大橋に近い海域。児童に同行していた白川豊浩校長は「突然、ドンという音がして船が沈み始めた。パニックになった子もいたが、みんな声を掛け合い、励まし合っていた。全員助かって本当によかった」と話した。【川原聖史、西本紗保美】

関連記事(外部サイト)