北海道で受診控え22件、2人死亡 新型コロナ影響 民医連「支援必要」

北海道で受診控え22件、2人死亡 新型コロナ影響 民医連「支援必要」

新型コロナの影響による経済的困窮事例を説明する北海道民医連の小内浩事務局長(左)ら=北海道庁で2020年11月18日午後3時24分、高橋由衣撮影

 北海道民主医療機関連合会(道民医連)は18日、新型コロナウイルスの影響で職を失うなどして医療機関での受診を控えたケースが22件あったと発表した。また、保険料が払えないなどの理由で2人が死亡したという。全日本民医連が7月下旬〜9月末、加盟事業所に実施したアンケートなどで判明した。

 道民医連は「経済的な困窮により、医療機関へのアクセスが阻害されている。『自助』の強調ではなく、生活に困窮している人への直接的な支援が必要」と訴える。

 アンケートによると、オホーツク管内の60代男性は新型コロナの影響で職場の出勤停止を受けて収入が途絶え、国民健康保険料や家賃が払えなくなった。男性は低所得者向けの「無料低額診療事業」を活用して受診したが、進行性のがんが見つかり入院から約2カ月後に亡くなった。受診した時には治療が施せない状態で、道民医連は失業に起因して受診が遅れた「手遅れ死」としている。

 また、50代男性が新型コロナの影響で失業し、無保険となったことで受診が遅れて死亡したとの報告が10月にあった。道民医連は国や道に対し、保険料や医療費の減免、生活保護の申請基準の緩和などの要請を続けるとしている。【高橋由衣】

関連記事(外部サイト)