大阪維新の会新代表に吉村知事 初の代表選実施

大阪維新の会新代表に吉村知事 初の代表選実施

大阪府の吉村洋文知事=石川将来撮影

 「大阪都構想」を巡る住民投票の否決を受け、地域政党「大阪維新の会」は21日、大阪市長の松井一郎代表(56)の辞任に伴う初の党代表選を実施し、代表代行の吉村洋文大阪府知事(45)が片山一歩大阪市議(57)=3期目=を破り、新代表に選出された。

 代表選は大阪市内のホテルで投開票された。党内では、立候補者は吉村氏のみにとどまり、党規則に基づき同日の全体会議で新代表が選任されるとの見方が強かったが、片山氏が出馬に踏み切ったため代表選が実施された。【芝村侑美、田畠広景】

吉村洋文(よしむら・ひろふみ)

 1975年生まれ、大阪府河内長野市出身。弁護士から政界入りし、衆院議員や大阪市長などを経て2019年の大阪府知事就任後から大阪維新の会代表代行を務めた。

関連記事(外部サイト)