「いい肉の日」老舗ソースカツ丼店が営業再開 台風被害で2.5m浸水 福島・本宮

「いい肉の日」老舗ソースカツ丼店が営業再開 台風被害で2.5m浸水 福島・本宮

再開した店内の天井近くには、浸水の高さが示されていた=福島県本宮市本宮の柏屋食堂で2019年11月29日午前11時14分、寺町六花撮影

 台風19号で浸水被害を受け休業していた福島県本宮市本宮の老舗ソースカツ丼店「柏屋食堂」が、語呂合わせで「いい肉(1129)の日」となる29日、1カ月半ぶりに営業を再開した。甘めの秘伝のタレがかかったサクサクのカツに、客たちの顔がほころんだ。

 阿武隈川の堤防近くにある柏屋食堂は、1階天井近くの2メートル47センチまで浸水した。調理器具や客席が被害を受けたが、従業員たちの奮闘で復旧が進み、多くのファンが再開を心待ちにしていた。

 この日は午前11時の開店とともに県内外から客が訪れ、真新しくなった店内は正午すぎには満席に。同市の建設会社員、米山翔さん(26)は「台風を乗り越えて再開してくれてうれしい。以前と変わらない味で、めちゃくちゃうまいっす」と箸を止めずに語った。

 調理を担当する松山恵津子さん(71)は「業者の方にも無理を言って急いでもらい、早く再開できた。お客さんが喜んでくれれば幸せ」と安心した様子だった。【寺町六花】

関連記事(外部サイト)