サウナ問題の大阪・池田市長 辞職に伴う市長選に出馬明言

サウナ問題の大阪・池田市長 辞職に伴う市長選に出馬明言

大阪府池田市の冨田裕樹市長=平川義之撮影

 市役所に家庭用サウナを持ち込むなどして問題となり、30日付で辞職する大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)が、辞職に伴う市長選(8月22日告示、29日投開票)に出馬する意向を固めた。21日、毎日新聞の取材に「政治改革を実現させなければ池田の未来はないという思いで出馬する」と述べた。

 冨田市長はこの日の取材に対し、「世間をお騒がせし、政治家として一旦けじめをつけるのが人としての姿勢であると考えた」と辞職に至った判断を語った。市長選については「これまでの約2年半で公約を実現させており、市長としての実績をしっかり見ていただきたい」と主張している。

 サウナ問題を巡っては、市議会調査特別委員会(百条委)が辞職を求め、冨田市長は「一連の騒動を起こした責任を取る」と市議会議長に辞職届を提出した。冨田市長は2019年4月に大阪維新の会公認で初当選し、現在1期目。問題発覚後の20年11月に大阪維新の会を離党した。

 一方、維新代表の吉村洋文大阪府知事は21日の定例記者会見で、冨田市長について「離党しているが、維新として公認した責任はある。また立候補するのはけじめの取り方として間違っていて、理解は得られない」と批判した。【三角真理、鶴見泰寿】

関連記事(外部サイト)