歩道橋事故20年 遺族が語る安全への思い 明石市の新職員へ

歩道橋事故20年 遺族が語る安全への思い 明石市の新職員へ

事故が起きた歩道橋で、明石市職員に当時の様子を語る遺族の下村誠治さん(中央)=兵庫県明石市で2021年7月21日午前11時15分、山田尚弘撮影

 兵庫県明石市の歩道橋で2001年7月、花火大会の見物に訪れた11人が死亡した事故は21日、発生から20年を迎えた。市の新規採用職員を対象にした研修が現場の歩道橋であり、次男智仁(ともひと)ちゃん(当時2歳)を亡くした下村誠治さん(63)=神戸市垂水区=が安全への思いを語った。

 下村さんは現場の慰霊碑「想(おもい)の像」の前で職員らに事故当時の様子を説明。「智仁は私の手の中で亡くなった。まだ体感が残っている」と話した。

 市では、事故後に入庁した職員が半数を超えた。この日、職員が閲覧する電子掲示板には「『大丈夫だろう』『誰かがするだろう』ではなく、『起こるかもしれない』『起きたらどう動くか』を念頭においておくことが大切です」という下村さんのメッセージも表示された。

 事故は01年7月21日夜、花火大会の会場と最寄り駅を結ぶ歩道橋で起きた。長さ約103メートル、幅約6メートルの橋に大勢の見物客が滞留して折り重なるように倒れた。市の事故調査委員会は警備計画が不十分で「群衆雪崩」が起きたと指摘した。市、警察、警備会社の現場責任者計5人が業務上過失致死傷罪で起訴され、全員の有罪が確定した。【大川泰弘】

関連記事(外部サイト)