テドロスWHO事務局長「五輪開催に感謝」 田村厚労相を表敬

テドロスWHO事務局長「五輪開催に感謝」 田村厚労相を表敬

肘タッチを交わすWHOのテドロス事務局長(左)と田村憲久厚生労働相=東京都千代田区で2021年7月21日午後(代表撮影)

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は21日、厚生労働省を訪れ、田村憲久厚労相と新型コロナウイルスの医療・保健分野での国際協力について意見交換した。テドロス氏は東京オリンピックについて「世界中は疲弊しているが、五輪が団結や希望のシンボルになる」と述べた。

 東京都内で開かれた国際オリンピック委員会(IOC)の総会に出席するため、来日していた。田村氏が「大会の開催にはWHOから大変な技術的な協力をいただいた」と感謝し、「国民の命をしっかり守りながら成功に向けて取り組みたい」と述べると、テドロス氏は「日本が世界に勇気を与える東京2020開催に敬意と感謝を申し上げます」と日本語で応じた。そして「リスクはゼロではないが、ベストを尽くすことで成功を示すことができる」と力強く語った。【矢澤秀範】

関連記事(外部サイト)