空自、パワハラで1佐を停職5カ月 1年3カ月、複数の部下に

空自、パワハラで1佐を停職5カ月 1年3カ月、複数の部下に

防衛省=東京都新宿区で、小川昌宏撮影

 航空自衛隊は21日、約1年3カ月にわたり複数の部下にパワハラを行ったとして、航空幕僚監部装備計画部に所属する40代の男性1佐を停職5カ月の懲戒処分としたと発表した。

 発表によると、処分は21日付。2019年4月から20年7月にかけ、複数の部下に威圧的で不適切な指導や暴言を繰り返したとしている。パワハラを受けていた部下の1人は20年7月、自傷行為を試みたという。1佐は空自の調査に「感情的になった」などと話している。空自はパワハラの具体的内容を明らかにしていない。【松浦吉剛】

関連記事(外部サイト)