五輪のサイバー攻撃被害装うマルウエア確認 政府が注意呼び掛け

五輪のサイバー攻撃被害装うマルウエア確認 政府が注意呼び掛け

(写真はイメージ)=ゲッティ

 東京オリンピックをめぐり、サイバー攻撃の被害報告を装ったマルウエア(悪意のあるプログラム)がインターネット上で確認されたことが21日、政府関係者への取材で判明した。政府のサイバー攻撃対策を統括する内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は同日、大会の関係機関に注意を呼びかけた。

 政府関係者によると、マルウエアは「【至急】東京オリンピック開催に伴うサイバー攻撃等発生に関する被害報告について.exe」という名前が付けられたファイル。ファイルを開くと、パソコン内のデータを消去されたり、アダルトサイトに接続されたりする可能性がある。マルウエアの情報を集めるサイトで確認されたが、実際に被害が生じたとの情報はないという。

 NISCは「五輪を前にサイバー攻撃が増える恐れがある。不審なメールやファイルは開かず削除してほしい」としている。【斎藤文太郎】

関連記事(外部サイト)