橋本会長「副防衛相の指摘ではない」 小林氏問題、早朝に確認

橋本会長「副防衛相の指摘ではない」 小林氏問題、早朝に確認

ユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」の非難声明についてツイートする中山泰秀副防衛相のアカウント=2021年7月22日(画像の一部を加工しています)

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は22日、五輪開会式(23日)で演出担当を務めている小林賢太郎氏(48)が過去にユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)をコントの題材にしていたとして解任した。橋本聖子会長は22日の記者会見で「関係者からの指摘を受けて、早朝に確認した。すぐに協議するように指示したが、それまでは申し訳ないが全く情報が取れていなかった」と述べた。

 米国のユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」は21日に小林氏の過去の発言について非難する声明を発表。中山泰秀・副防衛相は22日未明、自身のツイッターに「早速サイモンウィーゼンタールセンターと連絡を取り合い、お話をしました」と投稿し、自らSWCに連絡したことを明らかにしている。

 記者から「中山氏からの指摘か」と問われた橋本会長は「違います」と否定した上で「情報の共有を図っていかなければいけない問題だったと思う」と述べた。【岩壁峻、倉沢仁志】

関連記事(外部サイト)