双子パンダが5歳に プレゼントは雪で作った似顔絵と氷 アドベンチャーワールド

双子パンダが5歳に プレゼントは雪で作った似顔絵と氷 アドベンチャーワールド

雪で作られた似顔絵のそばでササの葉を食べる桃浜=和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで2019年12月2日午前9時21分、山中尚登撮影

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で2日、双子で雌のジャイアントパンダ「桜浜(オウヒン)」と「桃浜(トウヒン)」が、5歳の誕生日を迎えた。施設から、雪で作った似顔絵や数字の「5」をかたどった氷などがプレゼントされた。

 2頭は2014年、父「永明(エイメイ)」と母「良浜(ラウヒン)」の間に生まれた。現在、施設内の希少動物繁殖センター「パンダラブ」で過ごしている。出生時はいずれも体重約180グラムだったが、今では共に約105キロに成長した。

 この日、2頭は別々の部屋で、プレゼントされた雪の似顔絵や氷を触って過ごした。施設のスタッフは「病気もせずにすくすくと育っている。お母さんの良浜のようなパンダに成長することを期待している」と話した。【山中尚登】

関連記事(外部サイト)