流行語大賞は「ONE TEAM」 トップ10に「計画運休」「しぶこ」

流行語大賞は「ONE TEAM」 トップ10に「計画運休」「しぶこ」

ラグビーW杯日本大会準々決勝後、健闘をたたえ合う日本と南アフリカの選手たち=東京・味の素スタジアムで2019年10月20日、長谷川直亮撮影

 今年話題になった言葉に贈られる「現代用語の基礎知識選 2019ユーキャン新語・流行語大賞」が2日に発表され、ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会での日本代表チームのスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」が年間大賞に輝いた。

 このほか、台風接近を受けて鉄道各社が実施した「計画運休」▽消費税増税で導入された「軽減税率」▽ゴルフの全英女子オープンで優勝した渋野日向子選手の愛称「スマイリングシンデレラ/しぶこ」▽タピオカ入りドリンクを飲むことを意味する「タピる」▽新天皇即位に伴う新元号「令和」−−などがトップ10に入り、イチロー氏が引退記者会見で口にした「後悔などあろうはずがありません」が選考委員特別賞に選ばれた。【加藤隆寛】

関連記事(外部サイト)