ベトナム領事へ15万円渡した容疑で女逮捕 外国公務員への贈賄、外国人初適用 兵庫県警

ベトナム領事へ15万円渡した容疑で女逮捕 外国公務員への贈賄、外国人初適用 兵庫県警

兵庫県警本部=神戸市中央区で、黒詰拓也撮影

 ベトナム人の在留資格を得る手続きで便宜を図ってもらうためベトナム領事に現金計15万円を渡したとして、兵庫県警捜査2課などは2日、ベトナム国籍のコンサルタント会社員、ズオン・ティ・テー容疑者(34)=神戸市長田区=を不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)の疑いで逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は2017年5月〜今年1月、短期滞在のベトナム人5人に婚姻証明書などを交付してもらうため、在福岡ベトナム総領事館の領事だったベトナム人男性(38)に対し5回にわたり現金計15万円を渡したとしている。

 捜査関係者によると、婚姻証明書は、緊急性が高い場合などに総領事館が発行する場合があるが、この5人は該当せず、何らかの便宜が図られた可能性が高いという。元領事は今年7月に出国。不正競争防止法には外国公務員を処罰する規定はないが、口座には約200回、計約400万円の入金記録があり、県警は賄賂が常習的だったとみている。

 テー容疑者は16年2月ごろから、ベトナム人の在留資格の取得を代行する仕事を始めた。1件当たり約6万円で引き受け、半額を元領事の口座に振り込み、残りを自らの収入にしたとみられる。

 県警によると、1998年の不正競争防止法改正で、外国公務員に対する贈賄罪が設けられて以来、警察当局による逮捕は2件目で、外国人への適用は初めて。【韓光勲】

関連記事(外部サイト)