過労で倒れ手足に障害 SE男性が雇用側と和解 解決金5400万円

過労で倒れ手足に障害 SE男性が雇用側と和解 解決金5400万円

大阪地裁、大阪高裁、大阪簡裁が入る合同庁舎=大阪市北区で、曽根田和久撮影

 時間外労働が月200時間を超えるなど、過労で脳内出血を起こして手足に重い障害が残ったとして、大阪府内のシステムエンジニアの男性(60)が、勤務先と業務委託元の計3社に計約1億5700万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁であり、3社が解決金計5400万円を支払う内容で和解した。11月25日付。

 3社は男性が勤める府内のシステム会社と、川崎市と東京都にある委託元の2社。勤務先が300万円、委託元2社が2550万円ずつを支払う。

 訴状によると、男性は複数の企業を経由した下請けの従業員として、2015年10月から府内の電機メーカーで働いていた。16年1月に脳内出血を起こして倒れ、手足に障害が残って意思疎通も困難になり、身体障害者1級と認定された。

 男性側は、倒れるまでの1カ月間の時間外労働は約203時間に及び、度々職場に泊まり込んでいたと主張。勤務先は労働時間を管理する義務を怠り、委託元も労働時間を把握していたのに安全配慮義務に違反したとして、18年に提訴していた。【村松洋】

関連記事(外部サイト)