交際相手の3歳長男死なせる 傷害致死容疑で34歳男逮捕 警視庁

交際相手の3歳長男死なせる 傷害致死容疑で34歳男逮捕 警視庁

警視庁深川署に入る渡辺雄二容疑者(右から2人目)=東京都江東区で2019年12月3日午後8時4分、大西岳彦撮影

 同居する交際相手の長男に暴行を加え死なせたとして、警視庁捜査1課は3日、東京都昭島市、会社員、渡辺雄二容疑者(34)を傷害致死容疑で逮捕した。逮捕容疑は9月28日ごろ、当時住んでいた江東区豊洲1のマンションで、同居していた女性の長男(当時3歳)に暴行を加え、翌29日に死亡させたとしている。渡辺容疑者は「何もしていない」と容疑を否認している。

 同課によると、渡辺容疑者は28日午後1時25分、「入浴中の男児がうつぶせで意識を失った」と119番。死亡した長男は心肺停止の状態で病院に搬送され、29日に死亡した。渡辺容疑者は当初、消防や警察に「風呂に入れている最中に目を離し、1人にしてしまった」などと説明していた。だが、同庁が解剖したところ、死因は腹部を打った内臓損傷による失血死と判明し、同課が捜査していた。

 渡辺容疑者は今春ごろから自身の長男と女性、長男の4人で暮らし始めた。事件当時、女性は海外出張中で不在だった。児童相談所への相談や通報はなかったといい、同課は日常的な暴行の有無について慎重に調べている。【山本佳孝、土江洋範、最上和喜】

関連記事(外部サイト)