中学校の授業でフラスコ爆発 5人搬送、2人軽傷 三重・紀北町

中学でフラスコ爆発 5人搬送

 3日午後3時ごろ、三重県紀北町島原の町立赤羽中で、1年生の理科の授業中に使用していたフラスコが爆発した。生徒4人と男性講師(27)の計5人が救急搬送され、2人が軽傷を負った。

 町教委によると、実験は亜鉛と塩酸を反応させ、水素を発生させて火をつけるという内容。1年生の男女計4人が授業を受けていた。男性講師がフラスコに水素を発生させ、火をつけたところ爆発したとみられる。

 男性講師は割れたフラスコの破片で左手首に切り傷を負い、近くにいた男子生徒も左?に切り傷を負った。いずれも軽傷という。別の2人の生徒は「耳が痛い」と訴え、一時的に軽い難聴の症状になった。

 町教委は実験中に何らかの作業ミスがあったとみて原因を調べている。【森田采花】

関連記事(外部サイト)