死亡男性は住人の67歳 殺人事件で捜査本部設置 東京・青梅

死亡男性は住人の67歳 殺人事件で捜査本部設置 東京・青梅

男性の変死体が見つかった現場=東京都青梅市で2019年12月14日午前10時4分、本社ヘリから

 14日午前1時55分ごろ、東京都青梅市成木の無職、小川和男さん(67)方から「物音がした後、男が逃げていくのを見た」と110番通報があった。警視庁青梅署員が駆けつけたところ、小川さんが室内で頭から血を流して倒れており、病院に運ばれたが午前6時半に死亡が確認された。同庁捜査1課は殺人事件として青梅署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、小川さんは1人暮らし。頭頂部に傷があり、1階ダイニングキッチンで横向きの状態で倒れていた。通報したのは本人とみられる。玄関ドアのガラスの一部が割られており、犯人がそこから手を入れて鍵を開けた可能性があるという。

 近くに住む60代の男性は「こんなのどかなところで、まさか事件が起きるとは」と驚いた様子だった。

 現場はJR青梅線青梅駅から北に約4キロの田園地帯の一角。【山本佳孝、最上和喜】

関連記事(外部サイト)