ドン・ファン事件で上京中に傷害罪 巡査部長を懲戒処分 和歌山県警

ドン・ファン事件で上京中に傷害罪 巡査部長を懲戒処分 和歌山県警

ドン・ファン事件の警官処分

ドン・ファン事件で上京中に傷害罪 巡査部長を懲戒処分 和歌山県警

和歌山県警本部=黒川晋史撮影

 東京都内に出張中だった4月、路上でトラブルになった女性を転倒させたなどとして、和歌山県警は10日、県警捜査1課の讃岐真生巡査部長(36)=傷害罪で略式起訴=を停職6カ月の懲戒処分にした。讃岐巡査部長は「取り返しのつかないことをした」と話し、同日付で依願退職した。

 捜査関係者によると、讃岐巡査部長は、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家の男性(当時77歳)を巡る殺人事件の捜査で上京していたとされる。

 県警監察課などによると、讃岐巡査部長は勤務時間外だった4月18日夜、東京都大田区の路上で、面識のない20代女性ともみ合いになって転倒させ、全治1週間のけがをさせた。スマートフォンで盗撮行為をしていたという。警視庁が7月に傷害容疑で逮捕した。

 また、2018年9月には和歌山県橋本市内の民家の敷地に侵入。風呂場をのぞき見したとして、警視庁が住居侵入容疑で再逮捕したことも明らかにした。

 県警監察課の大野矢雄(ちかお)首席監察官は「警察官がこのような事案を起こし、被害者や県民の皆様に深くおわび申し上げます。組織一丸となって信頼回復に努めてまいります」とのコメントを発表した。【山口智、橋本陵汰】

関連記事(外部サイト)