アオウミガメの赤ちゃん名前募集 5.8センチの2匹 横浜の水族館

アオウミガメの赤ちゃん名前募集 5.8センチの2匹 横浜の水族館

アオウミガメの赤ちゃん=ヨコハマおもしろ水族館提供

 ヨコハマおもしろ水族館(横浜市中区)はアオウミガメの赤ちゃん2匹の名前を募集している。体長はともに5・8センチ、重さ約30グラムで、20日まで公式ツイッターなどで受け付ける。

 同館は毎年、繁殖地となっている小笠原諸島から保護団体を通じて赤ちゃん2匹を預かり、1年間飼育したうえで保護団体に返還している。水族館で暮らすにあたり名前を募集してきた。

 同館によると、アオウミガメは温かい海で、海藻を食べて生息する。水族館で飼育する際は乾燥ペレットやオキアミ、キャベツなどを与え、成長すると甲羅の大きさが約1メートルになるという。

 応募は同館に設置する特設コーナーか、公式ツイッター(@omoshiroaq)で20日午後6時まで。2匹それぞれの名前とその由来、メールアドレス、電話番号を記載する。同館スタッフが5つ程度に絞り込み、10月1〜31日に一般投票をして名前を決め、11月1日に発表する。【中村紬葵】

関連記事(外部サイト)