強豪女子テニス部監督を住居侵入容疑で逮捕 福岡・柳川

強豪女子テニス部監督を住居侵入容疑で逮捕 福岡・柳川

福岡県柳川市

 知人女性宅に忍び込んだとして福岡県警柳川署は13日、同県柳川市の私立柳川高校教員、園田雅之容疑者(30)=同市三橋町(みつはしまち)蒲船津(かまふなつ)=を住居侵入容疑で逮捕した。園田容疑者は強豪として知られる同校女子テニス部の監督。「被害者に好意があり、私生活をのぞき見たかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は6日午後2時25分ごろ、同市の20代の女性宅に合鍵を使って侵入したなどとしている。女性が5日に部屋を掃除していたところ、ベッド下から見覚えのないボイスレコーダーが見つかり、柳川署に相談。6日午後にレコーダーを回収に来たとみられ、女性のアパート付近の防犯カメラに園田容疑者の姿が映っていた。

 レコーダーには数時間分録音されており、園田容疑者は設置を認めた。女性は教え子ではなく、約5年前に知り合ったという。

 同校によると、園田容疑者は商業科で簿記などを指導していた。同校は「生徒思いの教諭。事実であれば大変遺憾」としている。同高のホームページによると、女子テニス部は全国高校総体(インターハイ)団体戦で準優勝2回を誇り、国体も制している。男子も元プロテニス選手の松岡修造さんらを輩出した強豪。【中里顕】

関連記事(外部サイト)