鹿児島県南さつま市で突風 住宅の屋根損壊、車横転も

鹿児島県南さつま市で突風 住宅の屋根損壊、車横転も

鹿児島県南さつま市

 鹿児島県南さつま市で12日朝、突風が吹き、住宅の屋根などが損壊する被害が生じた。鹿児島地方気象台は13日、現地調査を実施し、竜巻の可能性があるが特定には至らなかったと発表した。人的被害はなかった。

 南さつま市などによると、12日午前8時40分ごろ、大浦地区付近の長さ約1キロの範囲で西から東にかけて突風が発生。住宅1棟と倉庫2棟の屋根などが損壊。車4台の窓ガラスが割れたり、横転したりした。当時、活発な積乱雲が付近を通過中だった。【石田宗久】

関連記事(外部サイト)