鶏卵汚職 贈賄側「支援してほしかった」 東京地裁証人尋問

鶏卵汚職 贈賄側「支援してほしかった」 東京地裁証人尋問

東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で

 大臣在任中に現金計500万円を受け取ったとして収賄罪に問われた元農相で元衆院議員の吉川貴盛被告(70)の公判が13日、東京地裁(向井香津子裁判長)で開かれ、贈賄側の大手鶏卵生産会社「アキタフーズ」(広島県福山市)グループ元代表、秋田善祺(よしき)被告(87)=贈賄罪などで公判中=が検察側の証人として出廷した。「養鶏業界の諸問題を大臣の立場で支援してほしかった」などと述べ、現金提供に賄賂の趣旨があったことをおおむね認めた。

 証言によると、秋田元代表は2018年11月に開かれた「大臣就任お祝いの会」で、トイレに向かった吉川元農相を追いかけ、「お祝いです」と言って上着のポケットに現金200万円が入った茶封筒をねじ込んだ。吉川元農相は少し慌てた様子だったという。19年3月には大臣室で「要望書です」と言って、現金200万円が入った茶封筒をソファに置いて帰った。

 当時は、養鶏の飼育基準を巡って国際獣疫事務局が日本に不利な国際基準案を示しており、秋田元代表は「国際基準案を含む諸問題を支援してほしかった」などと証言した。一方、19年8月に渡した100万円については、検察側は日本政策金融公庫の貸し付け条件を緩和してほしいとの趣旨だったと主張しているが、元代表は「お願いしたかもしれないが、印象にない」などと述べた。

 吉川元農相はいずれの現金提供も「政治献金と受け止めていた」と賄賂性を否定し、無罪を主張している。【遠藤浩二】

関連記事(外部サイト)