奈良の医療従事者の男性がワクチン4回接種 「身を守りたかった」

奈良の医療従事者の男性がワクチン4回接種 「身を守りたかった」

新型コロナウイルスのワクチン接種準備が整った注射器=手塚耕一郎撮影

 奈良県斑鳩町は14日、町内在住の50代男性が新型コロナウイルスワクチンを4回接種していたと発表した。健康被害はないという。町によると、男性は医療従事者で、5、6月に県外で2回優先接種を受け、7、8月に町内でさらに2回接種した。県外での接種記録が県の国保連を通じて8月末に町に通知され、4回接種が判明した。この男性は町内で接種する際、初めての接種だと虚偽申告しており、町に対し「変異株の流行から身を守りたかった。申し訳ない」と話しているという。【熊谷仁志】

関連記事(外部サイト)