堺市でファイザー製ワクチンに異物 同じロット番号で鎌倉市などでも

堺市でファイザー製ワクチンに異物 同じロット番号で鎌倉市などでも

新型コロナウイルスのワクチン接種=手塚耕一郎撮影

 堺市は14日、新型コロナウイルスの米ファイザー社製ワクチン1本に異物が混入していたのが見つかったと発表した。接種計画に影響はない。

 市によると、14日午後2時ごろ、市内の集団接種会場でワクチンを生理食塩水で薄めた後、注射器に入れる際、ワクチンに白い浮遊物が混入しているのが見つかった。ロット番号は「FF5357」で、異物が見つかったワクチンの瓶と、この瓶からワクチンを充?(じゅうてん)した注射器3本は回収し、接種には使用していない。市はファイザー社に異物の分析を依頼する。他の瓶については、異物の混入がないことを確認し、予定通り接種に使った。

 ファイザー社製を巡っては、神奈川県鎌倉市や相模原市の接種会場で11〜14日、同じロット番号のワクチンに白い浮遊物が見つかっている。【松本光樹】

関連記事(外部サイト)