北区の特養入所女性死亡 殺人容疑で50歳男性職員を指名手配

 東京都北区浮間の特別養護老人ホーム「浮間こひつじ園」で入所者の女性が死亡する事件があり、警視庁捜査1課は22日、殺人容疑で同施設の介護職員、菊池隆容疑者(50)=東京都板橋区舟渡4=の逮捕状を取り、全国に指名手配したと発表した。

 菊池容疑者は15日午後10時ごろから16日午前1時ごろまでの間に、入所者の山野辺陽子さん(92)に暴行を加えて殺害した疑いがある。司法解剖の結果、死因は頸髄(けいずい)・脳幹損傷の可能性があり、胸椎(きょうつい)や腕の骨が折れていたほか、胸や背中などに熱湯をかけられたとみられるやけどの痕もあった。

 捜査1課によると、菊池容疑者は今年6月から非常勤職員として勤務しており、7月に入所した山野辺さんの介助を担当していた。今月16日朝、別の職員がベッドで倒れている山野辺さんを発見。連絡が取れない菊池容疑者が関与したとみて行方を追っていた。

 防犯カメラの映像から、菊池容疑者は事件直後にタクシーや電車で移動し、渋谷区や新宿区のコンビニエンスストアなどで計約90万円を引き出しているのが確認された。16日午前10時半ごろには、つくばエクスプレスのつくば駅で東京方面に向かう電車に乗り込む姿が確認されたという。

 菊池容疑者は身長約180センチでがっちりした体格。情報提供は赤羽署(03・3903・0110)。【鈴木拓也】

関連記事(外部サイト)