元KAT-TUN田中聖被告、起訴内容認める 千葉地裁支部初公判

元KAT-TUN田中聖被告、起訴内容認める 千葉地裁支部初公判

千葉地方裁判所=秋丸生帆撮影

 覚醒剤取締法違反(使用、所持)の罪に問われたアイドルグループ「KAT―TUN」の元メンバー、田中聖被告(36)の初公判が22日、千葉地裁松戸支部(本間敏広裁判官)であり、田中被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は冒頭陳述で、田中被告が同罪などで前回有罪判決を受けた約2日後に覚醒剤の使用を再開していたことを明らかにした。

 起訴状などによると、田中被告は6月28日、千葉県柏市内の自宅で覚醒剤を使用。翌29日にJR柏駅(同市)近くで覚醒剤を所持していたところを職務質問され、現行犯逮捕された。この日は友人に会うために外出したが、覚醒剤が家族に見つかる事態などを避けるため、自宅から持ち出していたという。

 田中被告は6月20日に覚醒剤取締法違反などの罪で名古屋地裁から懲役1年8月、執行猶予3年の有罪判決を受け、控訴している。検察側は冒頭陳述で、田中被告が判決の2日後となる6月22日ごろから、欲求に駆られて覚醒剤を2〜3回使用したと指摘した。【長沼辰哉】

関連記事(外部サイト)