「第6波来る前提でリバウンド防ぐ」 緊急事態宣言解除で大阪知事

「第6波来る前提でリバウンド防ぐ」 緊急事態宣言解除で大阪知事

大阪府新型コロナウイルス対策本部会議を終えて記者会見をする吉村洋文知事=大阪市中央区で2021年9月28日午後3時59分、加古信志撮影

 大阪府は28日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、30日に期限を迎える緊急事態宣言の解除後の対応を決定した。飲食店については、府の第三者認証「ゴールドステッカー」を取得している店に限り、酒提供は午後8時半まで、営業は午後9時まで認める。認証を取得していない店は、酒類提供は認めず、営業時間は午後8時までとする。いずれも1グループの上限を原則4人とする。

 大型商業施設に対する営業時間の短縮要請は午後8時までから午後9時までに1時間延長する。また、府立学校の活動は感染対策の徹底を条件に修学旅行、文化祭、体育祭などの実施も認める。公式戦を控えている場合を除いて自粛を求めていた部活動も再開される。

 新規感染者は減少したが、27日現在の府内の重症者数は153人と高い水準で推移している。吉村洋文知事は会議で、「大きなリバウンド(感染再拡大)を防ぐことが重要だ」と繰り返し指摘し、「『第6波は来る』との前提に立ち、重症化リスクの高い感染者の早期治療に取りかかることが重要になる」と述べた。

兵庫、京都も認証店の酒提供容認

 兵庫県と京都府も28日、それぞれ対策本部会議を開いた。兵庫県は認証店では酒類提供を大阪府と同様、午後8時半まで認める。認証店以外は原則、提供自粛を求めるが、アクリル板設置など一定の条件を満たした場合に限り午後7時半までの提供を容認する。

 京都府は、京都市など16市町村の認証店では酒類提供を午後8時半まで、認証店以外は午後7時半まで、それぞれ認める。【石川将来】

関連記事(外部サイト)