スーパー3人死傷事故、89歳容疑者釈放 検察の勾留請求認められず

スーパー3人死傷事故、89歳容疑者釈放 検察の勾留請求認められず

スーパーマーケット「コノミヤ狭山店」に突っ込んだ乗用車を調べる大阪府警の捜査員ら=大阪狭山市で2021年11月17日午後1時34分、本社ヘリから北村隆夫撮影

 大阪狭山市のスーパー「コノミヤ狭山店」で乗用車が暴走し、3人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反容疑で逮捕された無職男性(89)が19日夜、釈放された。大阪地検堺支部が勾留請求したが、大阪地裁堺支部が却下。この決定を不服とした検察の準抗告も認められなかった。理由は明らかになっていない。大阪府警は今後、任意で捜査を進めるとみられる。

 府警などによると、男性が運転する車は17日正午過ぎ、店舗周辺で急発進とバックを繰り返し、男女3人が相次いではねられた。男性は現場で自動車運転処罰法違反容疑で現行犯逮捕され、「車がじわじわと動き出したので慌てて、アクセルとブレーキを踏み間違えた」と供述していた。【古川幸奈、清水晃平】

関連記事(外部サイト)