日仏友好支えた仏人兵士墓地 「友好の証し」で追悼式典 広島

日仏友好支えた仏人兵士墓地 「友好の証し」で追悼式典 広島

新たに設置された説明板について語る在京都フランス総領事館のジュール・イルマン総領事(右端)ら=広島市南区比治山公園で2021年11月19日午後4時34分、賀有勇撮影

 瀬戸内海を見下ろす広島市南区の比治山にある陸軍墓地の一画にフランス人兵士7人が埋葬されている墓地がある。その歴史を広く知ってもらおうと、19日には説明板が新たに設置され、現地で追悼式典が執り行われた。1900年にできたフランス人墓地は、約1万キロ離れた日本とフランスの心の距離を縮める日仏の友好の証しとして、住民らが管理し続けてきた。

 墓地の由縁は1900(明治33)年の中国、清朝末期の出来事までさかのぼる。「義和団」と呼ばれる秘密結社による在外公館などを標的にした排外運動「義和団の乱」が発生し、01年に鎮圧に当たった欧露米日8カ国が北京に進駐。義和団の乱で負傷したフランス兵士約120人が日本赤十字社の病院船「博愛丸」などで広島に搬送され、当時の陸軍病院で治療を受けた。手厚い看病の結果、回復したフランス兵は母国に帰還を果たしたものの、7人が故郷の地を再び踏むことなく亡くなった。当時は飛行機で亡きがらを帰国させることもできなかったことから、フランスまでつながる海原を望める絶景の地が用意され、埋葬された。

「歴史は記憶する必要がある」説明板設置 

 これがフランス人墓地の成り立ちだ。日仏修好通商条約締結(1858年)から150年を迎えた2008年には埋葬されたフランス人兵士の家族らも招かれるなど、関係者は交流を続けてきた。

 一方、墓地は市民に広く知られているとは言えなかった。墓地ができた当時、慰霊碑も建立され、簡略な碑文も刻まれた。だが記載は漢文と仏語のみ。「なぜフランス人が埋葬されているのか由緒由縁を知っている人はほとんどいない」(三山秀昭・広島日仏協会長)状況だった。

 19日の追悼式典では、広島日仏協会や在京都フランス総領事館、フランス戦没者記憶協会が実施し、広島にすむフランス人ら計約25人が参加。7人の墓前に花を手向けて黙とうし、墓地ができた経緯を記した説明板の除幕式が行われた。ジュール・イルマン総領事は「日仏交流は160年を超えたが、歴史は記憶する必要がある。あなたたちのことは忘れないというメッセージを7人に伝えに来た」と話した。また、「墓地が大切に守られてきたことに感謝したい」と草の根の活動で守ってきた市民に敬意を表した。【賀有勇】

関連記事(外部サイト)