北海道の赤潮対策にデジタル顕微鏡導入 海水の状況をスマホで確認

北海道の赤潮対策にデジタル顕微鏡導入 海水の状況をスマホで確認

十勝総合振興局が導入したデジタル顕微鏡。手前の記者のスマホでもプランクトンの様子が分かる=広尾町で2021年11月18日午後1時21分、鈴木斉撮影

 北海道南東部の太平洋沿岸で赤潮によるとみられる漁業被害が相次いでいる問題で、十勝総合振興局は18日、赤潮対策で道十勝地区水産技術普及指導所(広尾町)に導入したデジタル顕微鏡を報道関係者らに公開した。赤潮の原因とされるプランクトンなどを確認し、それをスマートフォンやタブレット端末で見ることができる。

 漁業者の不安に対応しようと、同振興局が約30万円で購入。持ち込まれた海水をその場で調べ、専用アプリをダウンロードしたスマホなどで顕微鏡の画像を一緒に確認できるシステムだ。顕微鏡の倍率は最大1000倍。

 この日は町内の十勝港で採取した海水を検査。「カレニア属」の特徴を持つプランクトンが見つかった。顕微鏡を操作した本前伸一所長は「プランクトンの様子など海水の状況が可視化できる。漁業者の相談などに活用したい」と話した。【鈴木斉】

関連記事(外部サイト)