ソディック社員「過労自殺」労基署認定 残業月123時間、上司詰問

ソディック社員「過労自殺」労基署認定 残業月123時間、上司詰問

ソディック社員自殺労災認定

ソディック社員「過労自殺」労基署認定 残業月123時間、上司詰問

大泉共生さんの妻は、夫の愛車の鍵などをお守り代わりに持ち歩いている=2021年11月4日午後4時7分、戸上文恵撮影

 東証1部上場の工作機械メーカー「ソディック」(本社・横浜市)の社員、大泉共生(ともお)さん(当時43歳)が2017年に自殺したのは、長時間労働でうつ病を発症したためだとして、松本労働基準監督署(長野県松本市)が労災認定していたことが、関係者への取材で判明した。直前の時間外労働は月123時間。5日前には、実際にはやっていない不正を上司に詰問されており、自殺の引き金になった可能性を指摘する意見が添えられた。

遺族へ直接の謝罪なし

 認定は20年1月31日付。遺族側代理人の岩城穣弁護士らによると、大泉さんは松本営業所(同)で機械修理やメンテナンスを担当。16年5月、同僚の異動で通常2人で担当する業務を1人でやるようになり、長時間の残業が常態化した。

 17年4月21日の社内会議で、大泉さんは取引先への訪問記録を捏造(ねつぞう)し、残業代を不正請求しているなどと疑われ、上司から繰り返し詰問された。別の社員が携帯電話の位置情報などを確認して疑いは晴れたが、上司から謝罪はなかった。

 同月26日、大泉さんは長女愛菜(えな)さん(当時7歳)とともに失踪。5月7日、山形県小国町の林道に止めた乗用車の中で遺体で見つかった。車内に練炭の燃えかすがあり、26日夕に無理心中を図ったとみられる。

 松本労基署は、大泉さんが17年4月上旬にうつ病を発症したと認定。過去半年間で残業が80時間を超える月が4回あり、直前1カ月は123時間だった。同署は、通常2人でやっていた業務を1人で担当したことが強い心理的負荷を与えたと指摘。上司に詰問された会議については、うつ病発症後の出来事だとして判断しなかったが、「自殺の誘因の一つとなった可能性が高い」とする専門部会の意見が添えられた。

 21年7月、同社が遺族に解決金を支払うことで和解が成立。ただ、同社は労災認定を公表せず、遺族への直接の謝罪もしていない。同社は取材に、「ご遺族の皆様には心よりおわびとお悔やみを申し上げます。再発防止対策を検討・実施します」とのコメントを出した。【戸上文恵】

<不安や悩みの主な相談窓口>

◇よりそいホットライン

全国から=0120・279・338

岩手、宮城、福島の3県から=0120・279・226

◇生きづらびっと

https://yorisoi-chat.jp/

◇「自殺予防いのちの電話」

0120・783・556

関連記事(外部サイト)