現場から可燃性の液体検出 放火容疑で捜査 兵庫・稲美の火災

現場から可燃性の液体検出 放火容疑で捜査 兵庫・稲美の火災

火災のあった住宅を現場検証する捜査員ら=兵庫県稲美町で2021年11月22日午前9時22分、望月亮一撮影

 兵庫県稲美町で住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった火災で、現場から可燃性の液体が検出されていたことが、捜査関係者への取材で判明した。県警は22日午前、現住建造物等放火の疑いで現場検証。火の回りが早いことから、県警は何者かが液体を使って放火したとみて調べている。

 県警によると、火災は19日午後11時50分ごろ発生。木造2階建て住宅延べ約220平方メートルを全焼し、約4時間半後に鎮火した。玄関脇の一室付近から1遺体、廊下付近から別の1遺体が見つかった。体の特徴などから、この家に住む小学6年の兄と1年の弟とみて身元の特定を急いでいる。

 住宅には兄弟と父母、母の兄に当たる伯父の5人が暮らしていた。出火当時、母は仕事で外出中。父は母を車で迎えにいって不在だった。父の外出後、間もなく火が上がったという。出火後、伯父の所在が分からなくなっており、県警が行方を捜している。【村田愛、巽賢司】

関連記事(外部サイト)